2016年3月26日

2016年弥生 球春やで

待ってた春や、

誰がつけたんか球春ってのはいいネーミングやな

ホンマに

地元兵庫県から明石商業高校が出るゆうから

甲子園まで応援に来たで~

いいなー高校野球は

元気やでホンマ、

こちらまで若返るわ~

タイガースも超変革やし、

期待してるでな、



センバツ春の高校野球大会歌『今ありて』

1993年発表。作詞:阿久悠、作曲:谷村新司。

新しい季節のはじめに
新しい人が集いて
頬そめる胸のたかぶり
声高な夢の語らい

ああ 甲子園 草の芽 萌え立ち
駆け巡る風は
青春の息吹きか

今ありて 未来も扉を開く
今ありて 時代も連なり始める

============================================================

『陽は舞いおどる甲子園』(ひはまいおどるこうしえん)

1934年(昭和9年)に制定の「全国選抜中等学校野球大会歌」

作詞は主催者・大阪毎日新聞社学芸部部長で詩人の薄田泣菫、
作曲は陸軍戸山学校軍楽隊。

陽は舞いおどる 甲子園
若人よ 雄々しかれ
長棍痛打して 熱球カッととぶところ
燃えよ血潮は 火のごとく
ラ大毎 ラ大会 ラララララ
(wikipedeiaより引用)
 

0 件のコメント:

コメントを投稿