2015年12月23日

2015年師走 月かたぶきぬ

師走 早朝の月が傾きます




























朝早い西の空、傾き沈んでゆく月が見えました。

ほんとうにさびしくなるほど美しすぎる月です。

体も冷えます。


     東(ひんがし)の野に炎(かぎろい)の立つ見えて

     かへり見すれば月かたぶきぬ


      -柿本人麻呂(万葉集 48)


悲劇の人と云われますが、明石など阪神間にもゆかりの偉人ですね。 

この写真好きです。



(追伸)

近年話題になった
 
藤村由加著『人麻呂の暗号』は、今でこそ古代史の学者からは総バッシングされました。

しかし万葉集が朝鮮語で読み取れるとの解釈から、人麻呂が水死刑で亡くなったなど。

悲劇と結びつけたこの本はベストセラーとなりました、私はロマンがあって面白い本だったと思います。

連作で「額田王の暗号」もありますね。

私は、これを読んで当時の歴史小説をたくさん読む好機となりました。




0 件のコメント:

コメントを投稿