2013年11月11日

2013年霜月 夙川河口にユリカモメ

夙川の河口に

ユリカモメが群れ遊ぶ

伊勢物語、在原の業平の東くだりの段で

都鳥とはこのユリカモメにあたるそうです。

そういえば有明と浜松町間の

モノレールの名前は

たしか「ユリカモメ」でした。









































なほゆきゆきて、武蔵の国と下つ総の国との中に、

いと大きなる河あり。それをすみだ河といふ。

(中略)

さるをりしも、白き鳥の嘴と脚と赤き、しぎの大きさなる、

水の上に遊びつつ魚を食ふ。京には見えぬ鳥なれば、みな人見知らず。

渡しもりに問ひければ、「これなむ都鳥。」と言ふを聞きて、

『名にし負はば

いざこと問はむ

都鳥

わが思ふ人は

ありやなしやと』

とよめりければ、舟こぞりて泣きにけり。


このあたりの橋を、後世に「いざこと問はむ」から言問橋と。

0 件のコメント:

コメントを投稿