2012年1月26日

2012年睦月 阪神電車M駅を眼下に

庶民の電鉄!?阪神電車のM駅をショッピングセンターからパチリ!

いまどき珍しい「みかげ市場」とある看板が見えました。

市場ならバザール、バザールならトルコのイスタンブール

異国情緒と憧れの魔都?










当時江利チエミがカバーして大ヒットしました。
江利チエミさん

それが、ウスクダラ~USKAUDARA~でした。
歌:江利チエミ 作詞:橿渕哲郎、作曲:
トルコ民謡。



Uskudara giderken aldida bir yagmur
Uskudara giderken aldida bir yagmur

Katibimin setresi uzun etegi camur
Katibimin setresi uzun etegi camur

Katip uykudan uyanmis gozleri manmur
Katibim uykudan uyanmis gozleri manmur

Katip benim ben katibin el ne karisir
Katibime kolalida gomlek ne guzel yarasir

(セリフ)皆さん“トルコ帽”をごぞんじでしょう
ウスクダラはそのトルコの西の
はずれのある古い小さな城下町です

Uskudara giderkey bir mendil buldum
Uskudara giderkey bir mendil buldum

Mendilimin ieine lokum doldurdum
Mendilimin ieine lokum doldurdum

(セリフ)昔この町の女たちは
みんな利口で美人ぞろいでしたから
男たちは女の秘書になって小さくなってました
ある雨の日 噂を聞いて
はるばるこの町を訪れた
男たちの一行がありました
ウスクダラ はるばる尋ねてみたら
世にも不思議な噂の通り 町を歩いて 驚いた
これでは男がかわいそう
町中の女を自慢の腕で
恋のとりこにしてみせようと
粋ななりして出かけてみたが
とりこになったのは男だったとさ!?
とりこになったのは男だったとさ!?

0 件のコメント:

コメントを投稿