2011年4月26日

2011年弥生 山吹の花

七重八重

花は咲けども

山吹の

実の(蓑)ひとつだに

なきぞ悲しき



ごぞんじ

太田道灌の

エピソードです。


少し古い

おうちの前に

大きな山吹の花が

咲いていました。
















出典は兼明親王(かねあきらしんのう) 後拾遺和歌集だそうです。
山道の一軒家に雨宿りを願った武将の 太田道潅(おおたどうかん)に、
貸す蓑(みの)すらないその家の女性は 八重山吹を差し出して短歌を読んだ。
八重山吹は実をつけないことから、 ”みのひとつだになき”を掛けている。


0 件のコメント:

コメントを投稿