2011年2月15日

2011年 如月 暖炉

あたたかい

暖炉があれば、

豊かな気持ちに

なります。


過ぎ去った

思い出の薪を

一つ一つ

燃やしながら・・


別荘での寸写です。




















森進一「襟裳岬」の歌詞が浮かびます。
1974年 作曲:吉田拓郎 作詞:岡本おさみ

北の街ではもう 悲しみを暖炉で


燃やしはじめてるらしい


わけのわからないことで 悩んでいるうちに


老いぼれてしまうから 黙りとおした歳月を

拾い集めて 暖めあおう

襟裳の春は 何もない春です

0 件のコメント:

コメントを投稿