2010年6月6日

2010年水無月 道程


僕の前に

道はない

僕の後ろに

道は出来る

ああ、自然よ

父よ


僕を一人立ちさせた

広大な父よ

僕から目を離さないで

守る事をせよ

常に父の気魄(きはく)

を僕に充たせよ


この遠い道程のため


この遠い道程のため

(高村光太郎、詩集「道程」)






ここは大阪と京都の境近く、島本町の淀川堤防上から大阪側をパチリ、寸写。
高校時代はこの詩の上2行しか覚えがありませんでしたが、改めて続く文があることを子供を育て終えた今頃に気づきました。浅いですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿